葬儀・家族葬・一般葬なら愛知県豊川市の東海典礼へ

menu
メニュー
clear
閉じる

0120-84-6861

ご相談無料・24時間対応

資料請求・お問い合わせ

葬儀に関するよくあるご質問

ご家族様や喪主様から東海典礼に寄せられるご質問に対する回答を以下にご紹介します。
こちらで疑問が解決されない場合は、お問い合わせください。

よくあるご質問 Q&A

Q

他の互助会に入っているのですが、東海典礼で葬儀はできますか?

A

できます。一度、当社にご相談ください。他の互助会に入っているからと言ってそこを必ず利用しなくてはならないということはございません。積み立てた互助会の会費がおありでしたら解約も可能です。まずはご相談ください。

Q

自宅で亡くなった場合はどうしたら良いですか?

A

まずは、かかりつけ医に連絡をしてください。かかりつけが無い場合は、救急車を呼んでください。
死亡診断書(検案書)が出た後、葬儀社へ連絡をしてください。
東海典礼は24時間365日対応しております。深夜早朝でも安心してお電話ください。

東海典礼フリーダイヤル
0120-84-6861

Q

病院で葬儀社を紹介された場合はどうしたら良いですか?

A

病院でお亡くなりになった場合は、ご遺体をご自宅に搬送しなければなりません。希望の葬儀社がある場合はその旨を伝えましょう。東海典礼にお電話いただければ、すぐに寝台車にてお迎えに上がります。

Q

深夜や早朝に亡くなった場合、いつ葬儀屋さんを手配したらいいのでしょうか?

A

東海典礼では24時間365日、いつでもすぐにお伺いできる体制をとっております。
深夜や早朝など時間であってもどうぞご遠慮なくお電話ください。

Q

自宅に安置できない場合はどうすればいいでしょうか?

A

自宅にご安置できない場合などは、当社ホール等でご安置場所を確保いたしますので、ご安心ください。

Q

葬儀前に何を用意したら良いですか?

A

・遺影として使えるお写真(スナップ写真可)
・ご印鑑(シャチハタ不可)
・死亡診断書(病院でお受取りになります)

遺影写真は、以下をポイントにお選びください。
・ピントが合っている・大きく写っている・ご本人らしい表情・光の反射や影が無い

Q

喪主は誰がなれば良いのですか?

A

ご夫婦どちらかがお亡くなりの場合はそのご主人様や奥様、お一人の親御さんがお亡くなりの場合はそのお子様(長男・長女)と言われています。ただし、お身体が不自由であったり、一緒にお住まいの方を優先したりと、ご事情や場合によって異なります。そのため、ご家族でご相談の上お決めいただくことを、おすすめいたします。

Q

お寺さんとのお付き合いがないのですが、どうすればいいのでしょう?

A

菩提寺がない場合、あっても遠方の場合など、お寺でお困りの方は少なくありません。
そのような場合は、東海典礼からお寺様をご紹介いたします。家の宗派のご確認は、お早めになさってください。
また遠方の場合は、まずはその菩提寺にご相談の上、当社にご連絡ください。

Q

お布施はいつ渡すのが良いでしょうか?

A

葬儀が始まる前に、控室でお渡しになるケースが多いです。お寺様によって異なりますので、当日私どもスタッフがお声掛けいたします。

Q

お布施はいつ払うのが良いでしょうか?

A

葬儀がはじまる前に、お控え室にてお支払いください。当日私どもスタッフがお声掛けいたします。

ご葬儀まめ知識

Q

香典袋の表書きについて

A

香典の表書きは喪家の宗旨により若干の違いはありますが通常は次のように区別されます。
・仏式の場合/御霊前・御香典・御香料
・神式の場合/御霊前・御玉串料・御神前
・キリスト式の場合/御霊前・御花料・献花料
・無宗教の場合/御霊前・御花料
※宗旨が分からない場合は「御霊前」と書くのがいいでしょう。

Q

「御仏前」と「御霊前」の違いは何ですか?

A

通夜から三十五日法要までは「御霊前」と表書きをします。
四十九日の法要からは故人が仏さまになっているので「御仏前」を使用します。
※宗旨によって異なります。

Q

香典袋へのお札の入れ方は

A

新札は使わないのがマナーと言われていますが、霊前に納めるものですからなるべくきれいなお札が良いでしょう。
新札の場合は、縦方向に1本折り目を付けると良いでしょう。お札の向きは裏返しに入れるのが常識とされています。

Q

香典の金額の目安は

A

地域性もあるため、一概には言えませんが、目安として以下のように言われています。
ご近所・友人・会社関係:3,000~5,000円
親族:10,000~30,000円
家族・兄弟:30,000~50,000円
兄弟や家族、親族の場合は、生花・かご盛も用意するのが一般的です。

Q

ご焼香の回数について

A

焼香は、故人の霊を清め仏に帰依することを念じるための礼法です。
焼香の回数は、厳密にいえば1回、2回、3回など宗派によって違いがあります。
しかし、会葬者が多いときは1回の方がよい場合もありますので、あまり回数にこだわることなく、故人の冥福を祈る心を考えて焼香すればいいでしょう。
ちなみに、各宗派の焼香回数は下記の通りです。(一般例です)

・天台宗・真言宗・浄土宗/3回
・浄土真宗大谷派・曹洞宗/2回
・臨済宗・浄土真宗本願寺派・日蓮宗/1回

Q

お通夜はどのような服装が良いですか

A

通夜には急いで駆けつけるという意味あいからも、地味な平服で差しつかえなく、葬儀では喪服を着用して礼をつくすのが故人や遺族に対する配慮といえます。
ただし最近では、仕事の都合などで昼間の葬儀に参列できないため、通夜のみに伺うという人も増えています。その場合は通夜が故人との最後のお別れになるので、喪服を着ても良いでしょう。

男性は黒のスーツか、濃紺、グレーなどのダークスーツが適しています。女性は、黒、茶、紺のワンピースかアンサンブル、ツーピース。和装なら地味な色無地の紋付きを着ます。

Q

告別式の服装を教えてください。

A

男性は、正式な喪服は、喪に服する近親者が着るもので、一般弔問客は略式の喪服を着用し、靴は金具のないプレーンな黒を履きます。

通夜に出て、葬儀にも参列する場合は、同じ喪服を着用しても差しつかえありませんが、通夜より葬儀の装いを改まったものにするとよいでしょう。たとえば男性なら、通夜では地味なネクタイにして、葬儀では黒のネクタイに変えるというように変化をつけます。

女性は、黒のワンピースかツーピース、和装なら黒の一つ紋の着物、帯やハンドバックなども黒の物を用います。弔事の装いでは、光るものや人の目を引くものはすべて避けるのが常識ですので、メイクは薄化粧にし、鮮やかな色の口紅やマニキュア、香水は避け、髪飾りも光る金具のついたものは避けて黒いリボンを結びます。

またアクセサリーは、真珠のネックレスならよいとされていますが、2連のものは“重なる”に通じるので避け、イヤリングや指輪は真珠でも遠慮しましょう。ただし、婚約指輪・結婚指輪はアクセサリーとは意味が異なるので、つけたままでもかまいません。

東海典礼の葬儀 3つの特長

→ 特長を詳しく見る

東海典礼の会員制度で安心特典をプラス

→ 会員制度を詳しく見る